出会い系サイトは多くの犯罪に利用されている?

  • 2011/08/29(月) 12:57:16

出会い系サイトを利用した悪質商法はいろいろありますが、そのひとつとして「マルチ商法」があります。

一番多いもので、女性の心を掴みやすい「ダイエット」に関係する団体を装うパターンがあります。

出会い系サイトの中でやりとりをして、うまく話を合わせて「あなたに興味がある」と最終的に会うセッティングをします。

まずは何回か会って相手と親交を深めて信用させます。

ある程度仲良くなり信頼関係もできたところで、マルチ商法に誘うという手口です。

最近特に多いパターンは、懸賞サイトを利用してメールで当選通知をし、当選確認をするようにクリックさせてその画面から出会い系サイトへ登録を誘導するものです。

これに登録しないと当選商品の確認ができない、受け取りができないと表示して登録させる悪質なものです。

近年急増しているこの懸賞サイトを利用した悪質サイトはかなり大きな問題になっています。

他にも宗教を利用した手口もあります。

出会い系サイトで相手を見つけて会う約束をし、約束のお店に行ったら宗教団体の複数の人間に取り囲まれて勧誘されたというものです。

出会い系サイトはデート商法にも利用されています。

販売員が素性を隠して、出会い系サイトで知り合って男性におねだりをして、何食わぬ顔で自分の店に連れて行き高額な宝石や商品を購入させるというパターンです。

あまりに高額な商品のため支払いができないときは、ローンまで組まされてしまうケースもあります。

このようにして出会い系サイトは多くの犯罪に利用されているのです。