悪質サイトに実態と、その仕組みとは?

  • 2011/08/28(日) 08:56:05

最近では出会い系サイトの悪質さもまた変わってきました。

出会い系サイトと言いながらも、利用者同士が悩みを相談しあう「悩み相談サイト」というものが誕生しています。

今この「悩み相談サイト」を利用して、悪質な業者がサイト運営をしているケースが増えてきています。

サクラがたくさんいる悪質な出会い系サイトであり、課金制なので完全なる出会い系サイトなのですが、出会い系サイトではないといっているため、法律の規制が適用されません。

よって18歳未満でも登録ができてしまうのです。

最近サクラによって騙されたという被害者や、利用料金を請求された被害者が続出しています。

また出会い系サイトと同様に、懸賞サイトから当選案内がきてサイトに誘導されるという被害も増えています。

利用料金を不当に請求されてしまい支払った被害者も多く、最近では各都道府県に設置されている消費生活センターが相談に応じ、返金された例もいくつかあります。

それでは具体的に悪質サイトとはどのようなもので、どのような仕組みになっているのか説明します。

まず悪質な出会い系サイトなどでは料金が「自動的に課金される仕組み」となっています。

利用料金がマイナスになってしまったら、本人の承諾もなしに勝手に課金されてしまうというものです。

登録についても「同時登録制」となっており、1つの画面から登録したら他の系列のサイトにも知らないうちに登録されてしまっているというものです。

「完全無料」とかかれてある。

完全無料と大きく謳いながらも実際には利用料金が発生してしまいます。

同じく「登録無料」と書かれているものも登録は無料ですが利用料金は発生するということで、無料ではありませんから注意しましょう。

悪質なサイトでは「退会ができない」ものがあります。

「退会」という手続き事態が行える仕組みがないものや、退会を申し出てもなかなか受け付けてもらえないものがあります。

さらに入会時は無料なのに、退会時には料金が発生するというものもあります。

「会社概要」がサイト内に表示していないものも法律違反ですから、悪質業者ということになります。