出会い系サイトを利用するための自己防衛策

  • 2011/08/31(水) 06:59:52

出会い系サイトとは男女の友達や恋人などを見つける場所ですが相手は見ず知らずの人です。

むやみやたらに個人情報を教えることは危険です。

簡単に個人の住所や家族構成、仕事などの情報を教えないようにしましょう。

出会い系サイトの管理者は一切責任を持ってくれません。

教えてしまったとして何かあっても全て自己責任になってしまいます。

教えるときは、自分のプライバシーを見ず知らずの相手に話すことに関してのリスクを覚悟した上で行いましょう。

逆にいうと、相手のプライバシーに関してしつこく聞いたり、教えるように脅迫めいたことを言ったりするのはマナー違反となりますから注意しましょう。

しかしメールアドレスしか知られていないから安心と思うのは間違いです。

メールアドレスには必ずIPアドレスというものが付いています。

メールのヘッダーに情報が記載されているのです。

一般人にIPアドレスを知られても個人情報が漏れることはありません。

しかし何か事件に巻き込まれたときなど、警察がプロバイダーに確認をとればこのIPアドレスから利用者が特定できるのです。

逆に何か問題が起きたときはこれを利用して警察に調べてもらうといいです。

出会い系サイトを利用してみたいけれど、このようなことが心配だという人はまずはフリーメールアドレスを利用するといいでしょう。

出会い系サイトだけではなく、見ず知らずの相手とやりとりをするときは以上のことに注意が必要です。